教科別

指導方針

英 語

​バランスよく伸ばしてゆくことが最大の鍵です。

「大学入学共通テスト」に向けて、英語教育が大きく変わろうとしています。

いわゆる4技能を身につけることを要求されますが、その前に基本、基礎となる英単語

英熟語、英文法、英文解釈、英語長文などをバランスよく伸ばしてこそ聞く、話す力も

​備わってくるものです。

大学で論文を書く際、論理構成や成り立たない文章が多くなり問題になっています。

そこで、英作文や文法問題を多くすることで、論述力を中心に総合的な英語運用能力を受験生に求めています。

医学部入試英語に精通した講師陣が、正しい学習方法で、理解と解法のコツを伝授します。

数 学

数学の勉強法の定石は、基礎力です。

基礎が全ての礎であり、基礎のもとに応用問題があります。

明峰学院では、基礎事項の確認&復習を徹底的に行います​。基礎がないと積み上げてもどんどん崩れ去っていきます。

難しい問題に出会った時に突破できるかは、勉強方法云々よりそれをいかに噛み砕いて理解を助けてくれる人(モノ)に出会えるかです。

明峰学院では、いつでも質問できる体制を整えています。

化 学

基本的な学習の方針は、弱点分野をいかに減らせるかが勝負です。

問題レベルが比較的容易である分、得意分野で点数を稼ぐという発想は通用しない。

いかに失点を防ぐかという学習方針が大事になります。

授業では、「簡単な決まり事」を徹底して教えながら、豊富な話題で化学に対する興味をもたらします。暗記事項が非常に多い科目ですが、理解できると簡単に覚えられ、興味があるから知識欲が生まれ、得点できるからますます化学が得意になるといった体験を味わっていただくべく、指導を進めて参ります。

生 物

苦手分野を作らないことは最低条件です。

生物は、暗記すべき内容が多い科目です。当然ながら用語の意味や使い方、文中での表現なども併せて覚える必要があります。

近年の進歩が著しく、新課程では植物の反応や動物の行動も分子生物学での説明がなされています。生徒はすべてを暗記しようとしがちですが、断片的な知識だけでは入試に対処できません。生化学を基軸として基本知識を身につけます。

そのうえで演習を通して入試に対応できる実力を養成します。

物 理

基本的な法則や原理を完全にマスターすることが大事です。

教科書レベルの基本事項の本質的理解、公式や原理、それを導く過程・成り立ち・定義などを十分に理解することが最重要となります。

そして、公式等を使いこなせるようになるには、実際に問題演習を通じて思考しなければ、実力は身につきません。明峰学院では​、現象や法則の理解に重点を置き丁寧な指導を展開していきます。理解が伴うようになると自信を持って問題文を読み、立式できるようになります。典型問題は確実にマスターし、問題演習を通してゆるぎない実力養成をはかります。

小論文

読解力・思考力・論述力を問う試験

小論文は、一般入試・推薦入試、AO入試などで課され、教科書とは異なる学力を試す試験です。

基本的な読み書きの力は勿論ですが、「問題を発見する能力があり、自分の考えを持っているか」「論理的に述べられているか」「創造力や説得力があるか」などが重要なポイントとなります。

また、志望する学部・学科の学問について知識があるか、現代社会で問題となっている事柄についての知識も欠かせません。授業では、書くことを通して、表現力の練習、時事問題の考察等も行います。

医歯薬学部受験のことや不安など

​私たちにご相談ください。

お電話でのお問合せ

0120-556-885

​平日 8:00〜21:30 まで

メールフォームでのお問合せ

担当者が確認してご連絡いたしますが

お時間要する場合がございます。

​お急ぎの方はお電話にてお問合せください。

よくあるご質問

お問合せの多いご質問を載せています。

​あわせてご確認ください。

© 2018 明峰学院 All Right Reserved.

医歯薬受験専門予備校 明峰学院

〒810-0041

福岡県福岡市中央区大名二丁目12番15号

赤坂セブンビル3F

TEL:092-739-8801

FAX:092-739-8811